02a9e081
1
:2013/12/14(土) 13:42:50.58 ID:
中国で、洗濯機の中でダウンジャケットが爆発する事故が続いている。家電業界関係者は、洗濯機の使い方に
よっては「簡単に爆発します」と説明。テレビ局が真偽を確かめようと試したところ、結果は「×」。やはり爆発し、
洗濯機を破壊した。

浙江省杭州市で、同省嘉興市で、北京市でも爆発した。嘉興市の爆発の場合、脱水を初めて約30秒後、突然
「バン!」という音とともに爆発した。洗濯機も砕けて、周囲に飛び散った。ジャケットを洗っていた女性は、「そばにだれ
か人がいたら、大変なことになっっていました」と話した。破壊された洗濯機は、もはや廃棄するしかないという。

実は、中国では毎年のように洗濯中の「ダウンジャケット爆発」が発生している。秋ごろになると爆発が報じられ、人々
は再び不安を高める。

そこで山東省のテレビ局が試した。爆発が発生しているのは、主に二槽式洗濯機だ。そこで二槽式洗濯機を用い、
ダウンジャケットの脱水を試みた。しばらくして「バン!」という音と共に、爆発。ダウンジャケットは脱水槽から飛び出した。

ただし、別の洗濯機を使って再び実験したところ、爆発しなかった。爆発率は5割という結果だった。

家電業界関係者によると、ダウンジャケットを洗えると表示などのない洗濯機で洗うこと自体が間違っているという。
まず、洗濯機で洗えば羽毛の細かい繊維が傷つき、保温力が低下する問題がある。

そして脱水した場合、爆発の危険がある。まず、ダウンジャケットはかさばるので、脱水層内部に折りたたむようにして
入れることになる。羽毛にはまだ水分があるので、強い慣性力(遠心力)が働き、ジャケットの他の部分を強く押す。

ジャケットの表面の布は防寒性を高めるために、空気が通りにくいように加工されている。そのため、強く押された布が
耐えきれなくなった時に爆発する。
要するに、風船を力ずくで押しつぶした場合と同様の現象で、特に旧式の二槽式洗濯機の場合には、脱水機の回転
速度が大きいこともあり「簡単に爆発します」という。
中国ではこのところ、メディアや家電関連業界などが、「ダウンジャケットを、洗えると明記していない洗濯機で洗わない
ように」としきりに訴えている。
脱水機が高速回転中に破損した場合、破片が周囲に飛び散ったりする可能性が高い。バランスが崩れてシャフトが
折れた場合には、回転部分がそのまま飛び出す場合も考えられ、極めて危険だ。

>>2
に続きます

引用元: サーチナ 2013/12/14
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1213&f=national_1213_016.shtml
【【爆発中国】「簡単に爆発します」 洗濯中にダウンジャケット爆発、試してみたらやっぱり爆発】の続きを読む