606652_c450
1
:2013/12/05(木) 14:37:59.12 ID:
★0.01ミリ世界最薄コンドーム売れすぎ 相模ゴム工業、開発10年、汗と涙の結晶
2013.12.04

コンドームブランド「サガミオリジナル」でおなじみの相模ゴム工業(神奈川県厚木市)が新発売
した世界最薄0・01ミリのコンドームが注目を集めている。発売2週間で売り切れになる店舗も
出るなど、大ヒットの兆しをみせているのだ。構想から10年以上かけて開発にこぎつけたという逸品。
2020年の東京五輪を前に一足早く“世界記録”を達成し、開発担当者は「この品質をぜひ体感
してほしい」とアピールしている。

世界に誇る日の丸ブランドが快挙達成だ。業界の話題をさらっているのは、相模ゴムが先月、都内限定で
発売したコンドーム「サガミオリジナル001(ゼロゼロワン)」(ポリウレタン製)。
「サガミオリジナル」シリーズの新商品で、その名の通り、世界最薄0・01ミリを実現した。

同社の広報担当者は「当社の主力商品『サガミオリジナル002(ゼロゼロツー)』の0・02ミリ、
24ミクロンがこれまでの最薄だった。その自己記録を更新し、さらに18ミクロンにまで薄く加工した」と説明する。

ミリ単位の違いは実感がわきにくいが、「市販のラップで0・02~0・03ミリ程度。その半分程度の薄さ」
(同社広報)というから確かにスゴい。

完成までのプロセスは、NHKのドキュメンタリー番組「プロジェクトX」も真っ青の苦労があったという。

「試作品を作って1つずつ実験するという作業を繰り返し、トータルで2万本(個)のトライ&エラーを重ねた。
まさに汗と涙の結晶です」(山中氏)

同社広報は「東京五輪開催が決まったのは大きい。バルセロナ、リレハンメル、長野。過去3回の五輪で、
選手村で配布するコンドームとして当社の商品が採用された。世界に当社の商品の品質を知ってもらう
大きなチャンスを逃すわけにはいかない」と気合を込める。(抜粋)

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20131204/ecn1312041535009-n1.htm
【【経済】0.01ミリ世界最薄コンドーム売れすぎ 相模ゴム工業、開発10年、汗と涙の結晶】の続きを読む