28910
1
:2014/01/07(火) 17:11:05.43 ID:
昨年より『キン肉マン』の人気超人キャラクターが、
ファミリーマートの中華まんとコラボレーションして次々に登場している。
1月14日からは第3弾として「キン肉まん(牛丼風)」が発売されることになった。
価格は180円(税込)である。これまでの「ウォーズまん(ブラックカレー味)」と「ラーメンまん(担担風)」が、
限定72万食であったのに対し、今回は限定100万食であるのも嬉しい。

ファミリーマートでは、2010年から毎年テレビ番組や映画などとのコラボレーションを実施している。
今回の『キン肉マン』は1980年代に「週刊少年ジャンプ」誌上にて一世を風靡したマンガで、現在も「週プレNEWS」のオンラインマンガとして連載されている。
2013年は6月に「キン肉マン超人総選挙2013」も実施され、「肉」にちなみ、29位にランクインした超人を読み切りで描く試みもなされた。
見事29位となったのは「ベンキマン」で、狙いすましたような結果となったことでも話題になっている。

『キン肉マン』とのコラボレーションは昨年11月より開始された。
第1弾として「ウォーズマン」をイメージした「ウォーズまん(ブラックカレー味)」、
12月には第2弾として「ラーメンマン」をイメージした「ラーメンまん(担担風)」を限定発売している。
第3弾の「キン肉マン」をイメージした「キン肉まん(牛丼風)」では、オーストラリア産牛バラ肉を使用している。
赤ワインに漬け込んで柔らかく下処理を行った後、醤油・砂糖・みりんで煮込み、牛丼風の具材に仕上げられた。肉の旨みと柔らかな食感が楽しめる。
もちろん額にはトレードマークの「肉」のマーク、そして生地の色や顔のかたちを組み合わせることで再現された。

商品開発は、子どもの頃に夢中で『キン肉マン』を読んでいたファミリーマート商品開発担当者の熱い想いから始まった。
中華まんのメイン購入層である30代から40代に圧倒的な人気があることも背景に、
原作マンガを描く、ゆでたまご監修のもとで形・色合い・表情に至るまで思いを込めた。
[真狩祐志]

ファミリーマート
http://www.family.co.jp/
ゆでたまご
http://www.yudetamago.jp/



http://animeanime.jp/article/2014/01/07/16984.html
【【食べてみたい?】ファミリーマート×キン肉マン 中華まん第3弾は「キン肉まん(牛丼風)」、100万食限定】の続きを読む