バツがあっても結婚したい!【バツ婚】

    朴槿恵

    hune
    1
    :2014/04/26(土)10:30:13 ID:
    ■ 嵐に遭って危機に瀕した船を登場させて、危機克服のリーダーシップ広報
    ■ セウォル号の沈没惨事と奇妙な対象・・・ネチズンたち、「虚偽誇大広告だ」

    (写真)

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    朴槿恵(パク・クネ)大統領がセヌリ党の大統領選挙候補時代の2012年に出したテレビ広告が、
    ネチズンたちから袋叩きに遭っている。

    2012年12月11日に放送された、『危機に強いグローバルリーダーシップ』というタイトルのこの
    広告は、ネチズンたちの間で『韓国号船長=朴槿恵』と呼ばれている。朴大統領が大韓民国号の
    船長、すなわち大統領に選ばれて韓国の危機を乗り越えなければならないという内容が込め
    られているからだ。

    約1分の広告の序盤では、嵐に遭って危機に瀕した船が登場する。引き続き、「経験がない船長
    は波を避けるけど、経験豊かな船長は波の中に入って行きます。いま大韓民国には危機に強い
    大統領が必要です」というナレーションと字幕が流れる。朴候補は豊かな経験を持っているので
    危機には強いという主張だ。

    この広告はセウォル号の沈没事故を収集する過程で、朴槿恵政権が見せた不十分な対応と
    総体的な無能とが奇妙に対照して、ネチズンたちから嘲笑を受けている。

    ネチズンたちは、「虚偽誇大広告だよね」、「よりによって波立つ海と船だなんて・・・マジで大韓
    民国にはホントに危機に強い大統領が必要だな」などの反応を見せている。

    ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=038&aid=0002494549
    【【韓国】『韓国号の船長、朴槿恵』、テレビ広告に非難の洪水[04/27]】の続きを読む

    1:2013/10/28(月) 04:29:30.91 0 ID:
    27日午後2時。試合開始を15分後に控えて、ソウル蚕室(チャムシル)野球場の中央
    ゲートから朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が現れた。朴大統領は、そこで韓国野球委員会
    (KBO)の具本綾(ク・ボンヌン)総裁とヤン・ヘヨン総長ら球界関係者に迎えられ、
    しばらくしてから3累側の通路を通ってグラウンドに登場した。大統領が歩いていく間、
    隣ではしゃいでいたマスコットに入っていたのは、みな警護員たちだった。


    朴大統領がプロ野球の斗山(トゥサン)対三星(サムスン)の韓国シリーズ第3戦が
    行われる蚕室野球場を訪問し「サプライズ」始球式を行った。朴大統領は英語で
    「KOREA SERIES」の文字が印字された黒のスポーツウェア上着を着て、スポーツ
    シューズを履いて、太極(テグク)旗が描かれたグローブを嵌めてマウンドに向かった。
    朴大統領は、ナ・グァンナム主審に案内されてマウンドに立ち、三星の先頭打者
    ペ・ヨンソプを相手にワンバウンドのボールを投げた。ボールは斗山の捕手
    チェ・ジェフンが受けた。


    朴大統領の始球式は、同日午前に突然決まった。KBOの関係者は、「2週前から
    大統領府の要請があったが、前日まで難しいとの反応だったが、今日午前に連絡が
    あった。大統領が始球式に参加する可能性に備えて、始球式に着る服と練習用
    グローブなどは予め大統領府に伝達していた」と明らかにした。朴大統領が始球式に
    参加しなかったら、この日に始球式はプロ野球初の女性場内アナウンサー、
    モ・ヨンヒ氏(73)が行う予定だった。朴大統領は始球式が終わった後、指定席で
    ソウルのオンブク中学校の野球部員らと2回裏まで観戦して球場を後にした。


    朴大統領を含め、プロ野球試合の始球式に参加した歴代大統領は全部で4人。
    全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領がプロ野球発足年の1982年に、
    東大門(トンデムン)球場での開幕戦で始球式を行い、金泳三(キム・ヨンサム)
    元大統領は1994年と1995年の韓国シリーズ第1戦と、1995年4月の
    ペナンとレース開幕戦の3回を蚕室球場で始球式を行った。盧武鉉(ノ・ムヒョン)
    元大統領は2003年7月17日、オールスター戦が行われた大田(テジョン)球場を
    訪れて始球式を行った。李明博(イ・ミョンバク)前大統領は2011年9月に蚕室球場を
    訪問し、家族と一緒に試合を観戦したが、始球式は行わなかった。「大統領による始球式」は
    盧武鉉元大統領以来で10年ぶりのことだ。大リーグのシカゴ・ホワイトソックスのファンでも
    あるオバマ大統領をはじめ米国では大統領の始球式が頻繁に行われている。
    日本の安倍晋三首相は今年5月5日に東京ドームを訪問し、始球式で「審判」を務めたことがある。


    一方、大統領府は、警護上の問題で始球式を検討していることを事前にKBOに知らせなかったと
    説明した。大統領府の関係者は、「大勢の人々が集まる競技場は、大統領警護に最も脆弱な場所で
    あるため、決定が遅れた。国民と一緒に野球を観戦したい大統領の気持ちが強かった」と伝えた。


    民主党のキム・グァンヨン報道担当は、懸案問題の記者ブリーフィングで、「最近下がっている
    国政支持率を盛り返そうと国民の関心が集まる野球場に駆けつけたのではないだろうか。気の毒だ」
    とし、「大統領による始球式が国民の気持ちをすっきりさせるよりは、複雑な政局にそっぽを向け、
    のんきで無責任に見られはしないか心配だ」とコメントした。

    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013102831568
    【朴槿恵、ノーバン始球式ならず】の続きを読む

    このページのトップヘ