20131211_hasegawa_19
1
:2014/01/29(水) 15:23:40.64 ID:
“カリスマ主婦”の松居一代(56)は、スゴ腕の投資家だった!

投資歴は30年以上。最初は株が中心だったが、今は外国債などの債券やファンドに力を入れているという。
そんな松居の昨年の儲けはナント10億円と、発売中の女性自身が報じている。

松居は同誌の取材に、「去年は私の投資人生で“最高益”が出た」などと具体的な数字は明かさなかったものの、
「マンションが5戸は買えるくらいの利益」だったらしい。

松居の夫、船越英一郎(53)が3年前に購入した仕事用マンションが2億円ということから、
同誌は10億円という数字をはじき出している。

で、松居は、自分へのご褒美として、高級宝石店ハリー・ウィンストンのネックレスとブレスレットを購入したそうで、
推定価格はしめて9000万円ナリ。ちなみに船越にはブランド名は告げなかったという。

松居の父親は、競艇選手。勝負師としての勘の良さは父親譲りなのだろう。
松居は投資だけでなく、プロデュース商品でも勝負を仕掛けていて、そのひとつ、1万2800円の“マツイ鍋”は、
発売からわずか3年で100万個超が売れた人気商品だ。売り上げは128億円を超える。

投資もビジネスも当たりまくっているのだが、何か“必勝法”でもあるのか。
松居は「家が汚いと勘が鈍るので、勝負勘を冴えさせるために、いつも掃除している」とも話していた。

とりあえずは、“マツイ棒”を買うところから始めますか。
http://gendai.net/articles/view/geino/147547
【【話題】 昨年の儲けはナント10億円・・・アベノミクスで儲けた “投資家” 松居一代の 「必勝法」】の続きを読む