3190eeab-s
1
:2013/10/27(日) 12:00:28.09 ID:
クリスマス商戦を彩るゲーム業界だが、今年の国内市場に“厳冬”の兆しがみえている。
主役のはずの任天堂の据え置き型ゲーム機「WiiU(ウィー・ユー)」が販売不振に
苦しむ一方、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と米マイクロソフト
(MS)は、新型据え置き型ゲーム機の投入で海外を優先し、日本発売を先送りにする
からだ。年間売上高の3~5割を稼ぐかき入れ時だが、任天堂は好調を持続する携帯型
ゲーム機「ニンテンドー3DS」に頼らざるを得ないを情勢だ。

「まさか6千本程度とは…」。ゲーム雑誌「ファミ通」を出版するKADOKAWAが
8月28日に発表したゲームソフト週間売り上げランキングに、関係者に衝撃が走った。

同24日発売のWiiUのソフト「The Wonderful(ザ・ワンダフル)
101」は前評判が高く、今後の試金石として注目されていた。ところが結果は発売
初週が6663本の売り上げで10位。発売3週目には30位内からも姿を消した。

WiiUは昨年12月、大ヒットした「Wii(ウィー)」の後継機として国内で発売
された。発売週こそ約30万台を販売したが、その後低迷して累計百万台強にとどまる。
Wiiが平成18年の発売から国内で1270万台を売り上げているのとは対照的だ。

任天堂は、Wiiの生産を終了してWiiUの販売に専念する方針で、31日には
「マリオ」など人気ソフトを同梱したWiiUを数量限定で発売するなどして巻き返し
を図るが、ソフトが売れないことによるゲーム会社離れが進んでいる。

一方、ライバルのSCEは11月に約7年ぶりの新型ゲーム機「プレイステーション
(PS)4」を欧米で発売するが、日本では発売を来年2月に延期した。SCEの
アンドリュー・ハウス社長は「PS4ならではのコンテンツを提供することが一番大事だ。
日本人のゲーム愛好家が喜ぶコンテンツがそろう時期に発売する」と説明する。

MSも11月、約8年ぶりの新型ゲーム機「Xbox One(エックスボックス・ワン)」
を北米など13カ国で発売するが、日本発売はいまだ「未定」。ゲーム機の刷新はファンに
とって関心事だけに相次ぐ“ジャパン・パッシング”(日本外し)に対する失望感は大きい。
市場規模の大きい欧米を優先した両社の姿勢は、業界にとって最大の商機を逃しても
惜しくない程度に日本のゲーム市場の存在感が低下した表れかもしれない。

任天堂は今期の業績予想で営業利益1千億円を“公約”に掲げるため、WiiUより好調な
携帯型ゲーム機3DSに注力せざるを得ない事情があり、任天堂幹部は「WiiUは
ソフトが出そろう来年が勝負」と説明する。



http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131026/wec13102622030006-n1.htm
【【ゲーム】“寒~い”年末商戦--「WiiU」不振、「PS4」は来年発売、「Xbox One」はいまだ日本発売未定 [10/27]】の続きを読む