card_edwin
1
:2013/11/27(水) 14:49:10.98 ID:
★国内ジーンズ最大手、(株)エドウインが事業再生ADR申請
東京商工リサーチ 2013/11/27 13:38

国内ジーンズ最大手、「EDWIN」ブランドで有名な(株)エドウイン(TSR企業コード:290779600、
荒川区東日暮里3-27-6、設立昭和44年9月、資本金5600万円、常見修二社長)と、グループ会社
28社のうち金融債務のある16社の計17社は11月26日、事業再生実務者協会に対し事業再生ADR手続きの
利用を申請した。

また、グループ会社の(株)フィオルッチ(TSR企業コード:298613697、同所)は外部株主が存在
することから、12月初旬に追加する形で同手続きを申請する予定。今後、同協会の審査を経て正式手
続きが進められる見込み。

エドウインは、国内ジーンズメーカー最大手、エドウィングループの中核企業。

売上高は卸売部門のエドウインが平成25年5月期で約261億円、企画・製造部門のエドウィン商事が2
4年1月期で約300億円をあげていた。

しかし、ファストファッションの台頭に加え、東日本大震災の影響などから近年の業績は伸び悩んでいた。
また、デリバティブ損失の発生なども噂されていた。

こうしたなか平成24年8月、グループの経理責任者が急死し、その原因が証券投資の失敗などによる200億円の
損失隠しにあることが報じられた。その損失発生に関連して、不適切な会計処理が行われていた可能性がある
としてエドウインに第三者委員会が設置され、これに伴い、グループ全体の動向が注目されていた。

その後、取引銀行による10数回にわたるバンクミーティングを開き経営再建策を模索していたが、取引銀行の
間でも意向の足並みがそろわず、再建計画の策定がなかなか進んでいなかった。(抜粋)

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20131127-00010000-biz_shoko-nb
【【経済】国内ジーンズ最大手、(株)エドウインが事業再生ADR申請】の続きを読む