e_0128_202
1
:2013/10/19(土) 08:46:39.86 ID:
国内の再生可能エネルギー発電に海外勢が相次いで参入する。オーストラリアや
米中の企業・銀行が各地に太陽光発電所を建設して電力を供給する。総投資額は
今後5年で計7千億円規模となり国内の太陽光発電向けの1割弱を占める見通しだ。
海外の潤沢な資金が入ることで再生エネの普及に弾みが付く一方、急速な拡大で
電力コストも膨らみそうだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD180FF_Y3A011C1MM8000/?dg=1

◎最近の関連スレ
【電力】再生エネ買取開始から1年、新設された設備の容量は「原発3基分」--※95%を占める太陽光の実発電量は計40万キロワット [10/05]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1380965969/

【電力】中国の太陽電池メーカーが福岡・嘉麻市の市有地にメガソーラー建設へ--27日に市と協定締結 [09/26]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1380165207/

【電力】中国・上海電力、日本に100%出資の子会社設立 [09/22]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1379848978/

【電力】韓国のLS産電、日本でメガソーラー設備を受注 約36億円--米ゴールドマン・サックス系のJREが茨城で計画する発電事業 [05/30]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1369885818/

【投資】米ゴールドマン・サックス、日本で再生エネルギーに3千億円投資--固定価格買い取りで安定収入見込めると判断 [05/20]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1369005549/
【【電力/投資】再生エネ、米中や豪などの海外勢が相次ぎ参入--買取制度が呼び水に、総投資額は7千億円規模に [10/19]】の続きを読む