バツがあっても結婚したい!【バツ婚】

    1:2013/10/25(金) 16:02:38.74 ID:
     元AKB48でタレントの秋元才加が25日、雑誌撮影のオフショットだという“手ブラ”写真を
    自身のブログで公開した。その心境も明かしている。

     「卒業のタイミングでこの撮影に恵まれた事、とても嬉しく思います」と喜びをつづり、
    「かっこよくなるなら、アートになるなら、私は何をしても構いません」と強い決意を表明した秋元。
    濃いメイクでドレスアップした彼女が写っている写真を3枚公開しているが、中でも驚くのは自分の手で
    素肌の胸を押さえた“手ブラ”ショット。

     着衣は黒のショーツとファーのコートのみ。白くキメ細やかで美しい肌と、見事に割れた腹筋にも
    目を奪われる。「いつだって素材でいたいな。誰かをわくわくさせるような」と希望する秋元が
    人気グループを卒業し、一人の女性として決めた覚悟が表れているようだ。

     25歳の秋元は今年8月にAKB48を卒業。女優活動も順調で、三谷幸喜が作・演出を手掛ける
    来年上演の舞台「国民の映画」への出演も決まっている。(清水一)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000025-flix-movi


    GQ off shot!!
    http://ameblo.jp/akimotoo0726/entry-11651601784.html
    【【話題・画像あり】元AKB秋元才加が“手ブラ”写真を公開】の続きを読む

    main-02
    1
    :2013/10/24(木) 18:50:34.98 ID:
     元「軟式globe」のパーク・マンサーが、活動再開したことで話題を呼んでいる。
    軟式globeとは、かつて放送されていたTBS系バラエティ番組『学校へ行こう!』の、
    ラッパー発掘企画「B-RAP HIGH SCHOOL』に出演し、ブレイクしたグループ。

     軟式globeの名前の由来は、小室哲哉率いる音楽ユニット「globe」を
    オマージュしたことから。女性ボーカルはKEIKOをもじって「KOIKE」、
    ラップのマーク・パンサーをもじって「パーク・マンサー」を名乗っていた。

     globeの『Love again』の曲に合わせて、KOIKEが歌詞の英語部分を
    「アホだなぁー」と空耳風に歌い、その間奏でパークが失恋などの
    自虐ネタでラップをするパフォーマンスで人気を博した。

     解散後、KOIKEは結婚して芸能界を引退し、パークは一時は本名・三箇一稔
    (さんがかずとし)を名乗るなど改名を繰り返しながら、芸能活動を続けていた。

     そして、2013年10月12日にオープンした公式サイト「PARK MANTHER III OFFICIAL
    SITE」で、三箇の三代目パーク・マンサーの襲名と、2代目ボーカルの募集が発表された。
    トップページの告知動画では、久しぶりに公の前に姿を現した現在のKOIKEの姿も見られる。

     このニュースに、インターネットユーザーたちの間では「ぎゃぁぁぁぁぁ!!
    軟式グローブ復活あほだよ!!俺歓喜」「ダメだこいつ。もう笑いが止まらない」
    「11年もたつのに意外と変わってないwwwwww」「今でも充分笑えるわー」など
    好意的な反響が相次ぎ、復活歓迎ムードとなっている。

    ソース:(GREEニュース) - エキサイトニュース
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20131023/Gree_155617.html

    PARC MANTHER Ⅲ OFFICIAL SITE
    http://parc-manther.com/
    【【話題・芸能】元「軟式globe」のパーク・マンサーが復活して話題に】の続きを読む

    o04400640main_large
    1
    :2013/10/21(月) 16:49:53.25 ID:
    元AKB48・前田敦子主演の時代劇『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』(NHK/木曜20:00~)の
    第5話が17日に放送され、平均視聴率3.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と過去最低を記録した。

    同作は、お七が恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された1683年の実話「八百屋お七の放火事件」
    を描いた悲恋時代劇。第5話では、父・喜兵衛(中村雅俊)に隠し子がいることが分かり、喜兵衛は家出し行方不明に。
    また、大みそか、お七(前田)は想いを寄せる吉三(池松壮亮)に会いに行くが、夜空には火の手が上がっていた……。

    初回では、14歳を演じていたためか、すっぴん風メイクだった前田。
    視聴者から「かわいくない」「ダウンタウンの浜田にしか見えない」などと非難が殺到したが、最近の放送ではきちんと
    化粧が施されているため、そういった声は少なくなってきた。

    また、前田の演技力については、相変わらず「声が小さく、セリフが聞き取りにくい」「演技力がなく、出演者の中で1人だ
    け浮いてる」「前田がしゃべると話が止まる」といった批判は多い。
    しかし一方で、「回を追うごとに上手になってきた」「セリフが聞き取れるようになった」「表情がみるみるよくなってる」などと、
    擁護する声も明らかに増えている。
    さらに、「お七は前田さんしか考えられない」「かわいそうな主人公の役にぴったり」「困った顔や、悲しい表情が似合う」
    「元アイドルというだけで毛嫌いする人がいるが、私は彼女が適任だと思う」と、ハマリ役だとする視聴者も増えているようだ。

    >>2
    以降に続く)

    http://news.livedoor.com/article/detail/8171005/

    関連スレ
    【ドラマ】前田敦子主演『あさきゆめみし』 視聴率大惨敗・・・
    「大根すぎて見てられない」「民放なら打ち切り」「大島優子の方がよかった」の声
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1381192178/
    【【ドラマ】元AKB48前田敦子主演「あさきゆめみし」 ゴールデンタイムに視聴率3.6%を記録】の続きを読む

    このページのトップヘ