20090804_543949
1
:2013/10/28(月) 11:25:23.24 ID:
「ヤワラちゃんとヤリてえなぁ。一度でいいからヤリてえなぁ」
こんなセリフが多くの男子アスリートの口から漏れていたことをご存知だろうか。

この「ヤワラちゃん」とは決して漫画「YAWARA!」の主人公のことではない。
たしかに、そうではないとも言いがたいのだが…。

これは現在は生活の党副代表兼参議院幹事長を務める田村亮子(38)のことなのだ。
我々には柔道が強いというイメージしかないヤワラさんこと田村亮子だが、かつては多くの男性アスリートのあこがれのまとだったのだ。

いわゆる美人系ではないので、そう言われてもピンとこないと思うのだが。

「吉田秀彦や競輪の十文字貴信など、かつて彼女と噂があがった男たちは、交際していたと言われる時期は男として完全にフ抜けになっていた。
有名女優などが誘っても、デク人形のように『用事があるんで…」と断っていたといいます。それはヤワラちゃんが“女として凄すぎた”からだと言われています」(スポーツ紙ベテラン記者)

一流のトップアスリートとしか恋愛してこなかったというヤワラさん、そんな並み居る男たちですらフニャンフニャンにした彼女のスキルとは?

「よく柔術家が骨接ぎなどの整体業務を兼ねることもありますよね、それと同じなんですよ。
彼女は人体のあらゆるツボ、どうされたら痛いか、どうされたら気持ちいいか、そんな人体の反射のことを全て知っている。
だから彼女が愛のこもった“マッサージ”をしていたと言われています、あちこちにたっぷりと(笑)」(前出・記者)

ヤワラさんの行う愛のある“マッサージ”は金メダリスト級だと言われており、一度でいいから“施術”してもらいたいと多くのアスリートたちがあこがれていたという。
これではただのマッサージ嬢扱いだが、それ以上にも魅力があったというのだ。
http://mogumogunews.com/2013/10/topic_3572/
>>2
【【話題】 谷亮子議員(38)・・・かつては多くの男性アスリートのあこがれのまとだった】の続きを読む