バツがあっても結婚したい!【バツ婚】

    カナダ

    german
    1
    :2013/11/04(月) 20:18:32.66 ID:
    原野を3か月さまよったハイカー。奇跡の生還も「愛犬を殺して食べた」。(カナダ)

    3か月歩き回ってもまるで人里には出ない焦りと、餓死寸前の体。こうした極限の状態では
    「愛犬を食する」ことすら思いついてしまうようだ。カナダでは今、瀕死のハイカーの下した
    決断が大きな波紋を広げている。

    愛犬のジャーマン・シェパードを連れてカヌー・トレッキングに出かけるも、キャンプの最中に
    熊に襲われてカヌーを壊され、テントごと食料を奪われてしまったマルコ・ラヴォアさん(44)。
    彼はそこから先、愛犬とともにカナダ・オタワから500km以上も北に離れたマタガミ周辺の原野を、
    ノタウェー川を頼りに3か月もさまようはめになってしまった。

    家族からの捜索願は単なる「行方不明」であり、情報が不足していたことも災いした。
    いくら歩き回っても人里に出ることはなく、リュックの中の食料が尽きて数日後、歩く体力を
    失った彼はふと愛犬の肉を食することを思いついてしまう。しかし“あの時、激しく吠えて熊を
    追い払ってくれたのはこの犬。自分ひとりだったらもはや生きてはいまい。命の恩人ともいえる
    この犬を殺すことが許されるのか”とマルコさんは2~3日深く悩み苦しんだそうだ。
    しかし「それでも生きて家に帰りたい」と強く望んだ彼は、大きな石で愛犬を殴打した。

    レスキュー隊がついに発見した時のマルコさんは、ひどい脱水症状に陥り体重は40kgも落ちていた。
    重症患者として病院に運ばれ、現在も治療が続けられている。サバイバル技術の指導者
    ケイレブ・マスグレイヴ氏は、今回の件についてこのように語っている。

    「カナダのあのあたりには、食べられるような植物の実や木の芽はほとんどありません。
    もしもその決断を下さなければ、彼は確実に死に向かっていたはずです。無防備なスタイルで
    3か月も生き延びられたのは奇跡、彼はむしろ英雄ですよ。」

    (以下ソース)
    http://japan.techinsight.jp/2013/11/yokote2013110309210.html
    【【話題】カナダの原野を3ヶ月さまよったハイカー 襲い掛かる熊を追い払った愛犬を食べ生還】の続きを読む

    00665ef0
    1
    :2013/10/18(金) 16:07:15.23 ID:
    ”破壊者”により、川岸にある庭園の植木が男性器の形にされるという事件がありました。

    庭園を管理する市はすぐに業者により形が分からなくなるよう剪定作業を行いました。
    また、再び”破壊”されることのないよう、市職員が巡回するなど注意を払っています。

    公園を管理している管理者はいいます。
    「庭園は誰かの仕業により損害を受けました。
     われわれはこの汚い破壊行為に対して真剣な怒りを感じています。」

    問題の男性器形の植木は川沿いの彫刻庭園で発見されました。
    他の植木から隠れるような場所にあったとのことです。

    「こういった行為は人々の公共財産を破壊するのと同義です。」
    「市は芸術作品については出来る限りの支援を惜しまないつもりですが、
     これは芸術なんかではなく、不快な代物です。」

    犯人は熟練した剪定技術を持っていると考えられています。

    ★画像
    ・発見された庭木


    ・市が処理した後の庭木



    http://o.canada.com/news/oddities/cocky-vandals-trim-city-bush-to-look-like-a-penis/
    【【海外】犯人は誰? 誰かが木を男性器形に剪定→市が激怒、すぐに剪定しなおし無残な姿に。カナダ[10/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ