バツがあっても結婚したい!【バツ婚】

    ●中国

    1:2013/11/27(水) 16:23:23.10 ID:
    27日付の中国紙、南方都市報(電子版)は、山東省青島市の基地から26日、初めて南シナ海に向かった中国
    初の空母「001ec949c2cd11cb9af202
    」の艦隊が、沖縄県・尖閣諸島など日本の周辺海域を通るルートではなく、台湾海峡を通過する
    ルートを選択したと伝えた。中国海軍関係者の話としている。


    中国・渤海で、空母「遼寧」から離陸訓練する艦載機「殲15」=6月(共同)

    青島から南シナ海へ向かうには台湾西側の台湾海峡を通るルートと、台湾東側を通り、台湾とフィリピン間の
    バシー海峡を抜けるルートがある。バシー海峡ルートの場合、日本の周辺海域を航行するため、日本を刺激しな
    いよう台湾海峡ルートを選んだ可能性がある。

    27日付の中国各紙は、空母の南シナ海へ向けた初の航海を大きく報道。南方都市報は「世界に(中国の)軍事
    力と、空母開発の決意を示す機会になるかもしれない」との見方を伝えた。(共同)


    引用元: MSN産経ニュース 2013/11/27
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131127/chn13112715120002-n1.htm

    関連スレ
    【中国軍事】中国初の空母「遼寧」が出港 フィリピンなどと領有権を争っている南シナ海で軍事訓練へ
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1385463715/
    【【中国軍事】中国空母艦隊南シナ海へ、台湾海峡通過、尖閣諸島付近選ばず 日本への刺激避ける?】の続きを読む

    f4472f7e-s
    1
    :2013/11/27(水) 13:21:47.00 ID:


    とある男が中国でNIKEのシューズを買ったところわかりやす過ぎる「偽物」をつかまされたということです。
    このNIKEシューズは見た目はAirMax95で、一時期エアマックス狩りなどと社会現象にもなった人気のシリーズ
    です。特に95は人気が高く、学校に持ってきて靴箱に入れておこうものならば、下校中にはなくなっているという
    恐ろしいほどの価値。それゆえ、教室のロッカーにしまっておく生徒も。さてそんなシリーズに更なる悲劇が起き
    ました。


    (画像を見る)

    一見普通のエアマックスですが履いた瞬間にそれは判明。なんと靴底のロゴが足にくっついてしまったのだ。明
    らかに偽物であることがうかがえる。購入者はこの商品がいたってシンプルに「偽物」と分からないうえ、本物
    にしか見えないつくりであったといいます。その際は安くエアマックスが手に入るという喜びでいっぱいだったので、
    そこまで疑う余地はなかったのかもしれません。

    ただ実際に履いてみてこの結果である。非常に口惜しい。彼は「本物か偽物か区別する良い方法だ」と学んだ
    といいます。


    ―その他のNIKEシューズ



    さて中国におけるNIKEシューズのトラップはこれだけではありません。こちらのNIKEシューズは一見NIKEなの
    ですが、後ろを見るとアディダスと書いてあるという、一度で二度おいしい仕様。もはやどちらのメーカーを模造
    したのかわからず、メーカー側も困惑するだろう。

    ただしこれならば履く前にわかるのである意味「良心的」ではあるが、別の目的でネタとして購入する場合で
    なければしっかり確認するのが良いのかもしれません。

    参考
    http://izismile.com/2009/03/23/how_to_know_if_its_chinese_nike_sneakers_6_pics.html

    中国製NIKEシューズのハイブリッドぶりがハンパないと話題に
    http://www.yukawanet.com/archives/4026489.html


    引用元: 秒刊サンデー 2013/11/27
    http://www.yukawanet.com/archives/4579734.html
    【【話題】中国版NIKE?シューズのトラップがあまりに酷いと海外で話題に】の続きを読む

    Usaf_Boeing_B-52
    1
    :2013/11/27(水) 11:36:47.41 ID:
    ◆【中国防空識別圏】 米軍爆撃機2機が飛行 事前通報なし 中国スクランブルなし

    米国防総省によると、米軍のB52爆撃機2機が日本時間26日(米東部時間25日夜)、
    中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏内を事前通報なしに飛行した。
    中国側から2機に対する呼びかけや戦闘機の緊急発進(スクランブル)はなかった。

    2機はグアムのアンダーセン空軍基地を離陸し、防空識別圏内に入った。
    尖閣諸島(沖縄県石垣市)の上空周辺を飛行し、圏内での飛行時間は1時間未満。
    爆弾などは搭載しておらず、護衛機も伴っていなかった。

    爆撃機はその後、アンダーセン基地に帰還した。
    国防総省は以前から予定されていた飛行訓練としている。

    米政府はこれまで、(1)防空識別圏を認めない(2)飛行経路の事前通報や無線の開放など、
    中国が要求する措置には応じない(3)米国の軍事作戦遂行に一切変更はない-との立場を
    明確にしている。

    爆撃機の飛行は、こうした米国の姿勢と日米同盟の強固さを誇示する明確な示威行動であり、
    中国を強く牽制するものだ。
    同時に米軍機が防空識別圏に侵入し飛行した際の中国側の出方を探る狙いもある。

    写真:米空軍のB52戦略爆撃機


    MSN産経ニュース 2013年11月27日09:02
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131127/amr13112709030000-n1.htm

    ■関連スレ
    【尖閣】中国の防空識別圏に米軍訓練空域が存在・・・今後も訓練に使用する。不測の事態にも軍事的に対応できる★2[11/26]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385460551/
    【【尖閣】中国防空識別圏に米軍爆撃機2機が事前通報なしで飛行…中国側からの警告やスクランブルは無し[11/27]】の続きを読む

    jmsdf_04706
    1
    :2013/11/26(火) 16:42:07.49 ID:
    中国のニュースサイト・新華網によると、中国初の空母「遼寧」が26日午前、
    性能試験や訓練のため、山東省・青島の母港を出港し、南シナ海に向かった。

    具体的な目的海域は明らかでないが、航路によっては沖縄県の尖閣諸島や先島諸島に近づく可能性もある。

    遼寧にはミサイル駆逐艦「瀋陽」「石家荘」とミサイル護衛艦2隻の計4隻が随行する。
    遼寧が渤海や黄海を越え、南シナ海へ遠洋航海するのは初めて。

    遼寧は2012年9月に就役。装備のテストや艦載機の訓練を繰り返してきた。
    今回の出港について、新華網は「試験・訓練計画内の正常な手はず」としているが、
    中国の防空識別圏設定で対立する日本のほか、中国と南シナ海の領有権を争うフィリピンやベトナムを刺激する可能性もある。
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013112600624

    【軍事】「世界で最も安価、自己防衛能力はほぼゼロ」 ロシア軍事誌、中国の空母「遼寧」を酷評★2
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1377210209/-100

    【国際】 "艦名は「遼寧」" 中国、初の空母が正式就役★2
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1348630288/-100
    【【軍事】 中国初の空母 「遼寧」が出港、南シナ海へ・・・尖閣に近づく可能性も】の続きを読む

    1:2013/11/26(火) 15:12:06.84 ID:
    中国は11月23日、東シナ海上の防空識別区域を確立しました。
    これに関連して日米から反発の動きが出ています。

    中国もこれらの反発に態度を硬化させつつあります。
    「1969年、日本が防空識別圏を設定したときは中国と交渉していない。」
    「”一方的だ”との批判は受け入れられない。」

    一方、BBCは中国がパトロールのためにJ-6戦闘機を使う準備をしている事を報じました。
    J-6は冷戦時に製造された戦闘機で、今は無人機に改修されています。

    もともと制空戦闘機であるため、
    日本の戦闘機と相対した場合に備えて武器を装備している可能性があります。

    ★画像


    http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20131126000047&cid=1101
    【【軍事】中国、防空識別圏のパトロールにJ-6無人戦闘機を使用か…「武装の可能性」とBBC[11/26]】の続きを読む

    1:2013/11/26(火) 14:23:47.69 ID:


    中国上海市の寧波路には「紙みたいにぺらっぺらのビル」と呼ばれる建物があり、地元でちょっとした話題に
    なっている。ある角度からみると、倒れないのか心配なほど厚みがない。ただ、実際にはビルは三角形で、
    尖った角の一方が「ぺらっぺら」に見えるのだという。

    (写真は「CNSPHOTO」提供)(編集担当:古川弥生)


    引用元: サーチナ 2013/11/26
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1126&f=national_1126_009.shtml
    【【中国】大丈夫なの? 「ぺらっぺらのビル」-上海市】の続きを読む

    aho
    1
    :2013/11/26(火) 11:11:48.78 ID:
    中国が東シナ海に設定した防空識別圏について、中国の軍事専門家は26日までに、外国機の圏内侵入に対しては、
    中国軍の防空ミサイル網が警戒態勢を取ると警告した。

    また、空軍当局者は、23日に防空識別圏を初めて哨戒飛行した中国の偵察機2機が、
    戦闘機などで支援されていたことを明らかにした。

    中国国防大学の孟祥青教授(上級大佐)は、中国中央テレビ(CCTV)に対し、
    「外国の飛行機がわが国の防空識別圏に入れば、私たちの防空ミサイル部隊も警戒状態に入る」と語った。

    また、中国空軍の申進科報道官(大佐)は、23日に東シナ海上空を哨戒飛行した大型偵察機TU154など中国軍の2機に対し、
    複数の戦闘機と空中で監視や管制にあたる早期警戒機(AEW)を支援にあてていたことを確認した。

    同報道官は、「中国人民解放軍は防空識別圏をコントロールする能力がある。安全を保障するため脅威に応じて適切な措置を取る」と述べた。
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131126/chn13112610470001-n1.htm
    【【防空識別圏】 中国の孟祥青上級大佐が警告 「不審機にはミサイル攻撃も」】の続きを読む

    1:2013/11/24(日) 10:36:18.36 ID:
    ★「中国に強い懸念伝達」=米、一方的と非難-防空識別圏で日本と協議へ
    米政府は23日、中国が同日発表した沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海の防空識別圏設定を受け、
    「中国に強い懸念を伝えた」と明らかにした。
    「緊張を高める一方的な行動」と非難し、この地域での米軍の軍事作戦には影響しないと警告。
    中国側に自制を促すと同時に、日本をはじめ関係諸国と協議する方針も示した。

    米政府が素早く中国に対して強い警告を発した形で、両国間の緊張が高まる恐れがある。
    米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は声明で「地域の緊張を高め、米国や同盟国の
    権益に影響する事態を非常に懸念している。中国にはわれわれの強い懸念を伝えており、
    地域の同盟・パートナー諸国と緊密に連携していく」と述べた。

    ケリー国務長官は声明で防空識別圏設定を「東シナ海の現状を変えようとする一方的な行動だ」
    と断言。中国は不審機に緊急発進で対応する方針を示しているが、「中国には実行しないよう促す」
    と要求した。
    ヘーゲル国防長官も声明で深い憂慮を表明し、「今回の中国の発表を受けても、この地域で米国が
    どのように軍事作戦を遂行するかには一切変更はない」とくぎを刺した。 


    時事通信:http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013112400031
    関連スレ:
    【国境】中国、尖閣上空に「防空識別圏」 日本と重複…空の緊張必至★5
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385256113
    【【国際】中国の(尖閣を含む)防空識別圏設定を米政府が非難...ケリー国務長官、ヘーゲル国防長官も非難声明】の続きを読む

    1:2013/11/24(日) 10:49:13.42 0 ID:
    2013年11月21日、東方経済評論は
    中国人民大学重陽金融研究院の王文(ワン・ウェン)執行院長の記事
    「小国・韓国の国民はなぜ“大国心理”を持つのか?」を掲載した。

    韓国人は「世界一」「ワールドクラス」という言葉が大好きだ。
    仁川国際空港に降り立つと、壁のスクリーンには
    「世界最高の空港、最も便利な空港」という宣伝が映し出されていた。
    韓国料理の宣伝は「世界で最も美味な料理」というキャッチコピー。
    それどころか、カートには「最高のパンツ」という広告が貼り付けられていた。

    こうした言葉は韓国官僚の常套句でもある。
    「ソウルは世界で最も前衛的かつ美しい建築の都市です」
    「韓国の伝統的結婚衣装は最も美しい衣装です」
    と自慢を繰り返す。
    随行した通訳者を最も困らせたのは「済州島は世界七大自然遺産の一つ」という紹介文句。
    きっとどこかの国際組織がお金でこの肩書きを売ったのでしょうと弁明していた。

    韓国語雑誌『中国』の編集長として10年間の韓国駐在経験のある張忠義(ジャン・ジョンイー)氏は、
    韓国人は歴史的に大国になることを渇望してきたと話す。
    ゆえに「大韓民国」「大韓航空」など「大」という文字が大好きなのだという。

    「大」という字以外に韓国人が好むのは「独立」だ。
    韓国で最も尊敬されている王は世宗大王。1万ウォン札にも肖像が採用されている。
    ハングル、韓国式儀礼を発明した世宗大王は朝鮮民族の自主のシンボルとなっている。

    「独立」の使命を担っているのが思想界と歴史界だ。
    ここ十数年、韓国では歴史の書き直しが重要な課題となってきた。
    中国の朝貢システムの一部、そして日本植民地という過去があるだけに、
    他国の資料をもとに韓国史は描かれてきた。

    その韓国史を独立した存在として描き直そうというのだ。
    その試みはなんと氷河期にまでさかのぼる。

    『新編韓国史』第2章には次のような記述がある。
    「黄海と大韓海峡の形成により、朝鮮半島は中国大陸、日本列島と分離しました」、と。
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=79523





    ナントカ宗主国も聞き飽きるくらい言ってますね。
    【中華メディア「韓国は"世界一"だの"ワールド何とか"という言葉が大好きだ。小国なのに」】の続きを読む

    AS20131122002467_comm
    1
    :2013/11/23(土) 15:43:53.57 ID:
    ★中国、ステルス無人攻撃機を試験飛行 尖閣も攻撃半径
    朝日新聞デジタル 11月22日(金)19時59分配信

    中国初の国産ステルス攻撃型無人機「利剣」が、試験飛行に成功した。中国紙「京華時報」などが
    22日報じ、試験飛行の様子を写した写真もインターネット上で流れた。中国は主に偵察型で
    商業用の開発としてきたが、高性能の攻撃型無人機の開発も進めている模様だ。

    試験飛行は21日午後、中国西南地区の飛行場で約20分間行われた。利剣は2009年、
    「中航工業洪都公司」と「中航工業瀋陽飛機設計研究所」が初の国産ステルス無人機として
    共同開発に着手。航続距離約4千キロ、攻撃半径は1200キロを超え、尖閣諸島なども
    含まれているという。12年12月には地上滑走試験に成功した。

    今回の試験飛行の成功は「次世代ステルス戦闘機『殲(せん)20』の開発を上回るほどの
    重要な意味をもつ」とされ、中国軍事専門家の間では「空母に搭載される可能性が高い」との
    見方が出ている。米海軍の新型開発無人機と機体の形状が似ており、性能も同程度との指摘もある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131122-00000029-asahi-int

    インターネット上に流れた中国初の国産ステルス攻撃型無人機「利剣」の写真

    【【中国】ステルス無人攻撃機「利剣」を試験飛行 尖閣も攻撃半径】の続きを読む

    1:2013/11/23(土) 10:52:11.79 ID:
    中国のリー・チャングさんは10年にわたって道路を歩いています。
    彼は走ることよりも歩くほうが好きですが…
    この偉業はフォレストガンプに匹敵するかもしれません。

    元外交官は彼は、小さなバックパックとカメラ、そして旗を持って中国東部の揚州市から歩き出しました。
    彼は映画「フォレストガンプ」のように数千マイルを歩き、1000足以上の靴を履きつぶしたとのことです。

    リーさんは中国のソーシャルメディア「Weibo」を使い、多くのファンを獲得できました。
    「千人の人々とともに私は歩けたのです。」

    リーさんは今後、自身の経験を本にするために休息に入るとのことです。

    ★画像
    ?w=650&h=433&crop=1#038;h=667

    http://metro.co.uk/2013/11/22/chinese-forrest-gump-spends-ten-years-on-the-road-4197326/
    【【海外】「中国のフォレストガンプ」、10年かけて数千マイルを歩く[11/22]】の続きを読む

    1:2013/11/23(土) 11:28:14.19 ID:
    中国の河北、山東、江蘇の3省や天津市などを中心とした広い地域が22日、深刻な大気汚染に見舞われた。中国
    の天気予報サイトによると、十数都市で、微小粒子状物質「PM2・5」を含む大気汚染指数が6段階のうち最悪の
    「深刻な汚染」(指数301以上)となった。


    深刻な大気汚染に見舞われた中国江蘇省の南京市内=22日(共同)

    中央テレビによると、大気汚染による視界悪化が原因で交通事故が相次ぎ、安徽省の高速道路では複数の車を巻き
    込む追突事故で5人が死亡した。江蘇省南京市の空港では多くの便に遅れが出た。河北省石家荘市の病院関係者
    は、呼吸器系の不調を訴える患者が相次いだと話した。

    河北省では複数の都市で指数500に上った。北京市は165で「中度の汚染」。大気汚染は数日続く見通し。
    (共同)


    引用元: MSN産経ニュース 2013/11/22
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131122/chn13112220350008-n1.htm
    【【中国】22日、広い地域で「深刻な大気汚染」 視界不良で死亡事故も】の続きを読む

    1:2013/11/17(日) 07:56:10.98 ID:
     【北京共同】中国新疆ウイグル自治区のニュースサイト「天山網」は16日、
    同自治区カシュガル地区巴楚県の派出所が9人の暴徒に襲われ、2人が死亡、2人が負傷したと伝えた。
    襲撃した9人は全員がその場で射殺された。

     刀やおので武装したグループに襲われたという。
    同サイトは「現地の社会秩序は正常に回復」としている。
    巴楚県では4月、武装グループと警官らの間で衝突、双方の21人が死亡する事件が起きた。
    今回の襲撃と関連がある可能性もある。

     北京・天安門前では先月、5人死亡の事件が起きているが、今回との関連は不明。
    (共同通信)

    ソース:livedoorニュース
    http://n.m.livedoor.com/f/c/8259382
    【【国際】中国新疆、派出所襲撃11人死亡 天安門突入との関連不明】の続きを読む

    0923-1-1
    1
    :2013/11/16(土) 16:23:35.69 ID:
    「裸官」と書けば、着る物もなく、質素に勤める高級官僚を想像するだろう。

    たしかに、中国の「裸官」は資産を国内には持っていない。
    だが、海外に住まわせている妻や息子、娘には、アラブの石油王もビックリの資産がある。
    それは、いざ国外逃亡を図る時、いつでも自分は裸の身ひとつで、逃げやすいから──。

    習近平政権が反腐敗キャンペーンを展開しているが、不届き者の党幹部らは、
    いつも賄賂で得た不正蓄財をいかに海外に移すかに腐心している。

    たとえば、先月末に無期懲役刑が確定した元重慶市トップの薄熙来氏も息子を米国に留学させ、
    5880億円を海外送金していたことがわかっている。

    この10年間で、裁判やメディアで指摘された主な官僚の蓄財をまとめたが、その金額には目が眩むほどだ。
    副市長程度で賄賂が40億円とは、日本人の想像をはるかに超えている。

    だが、それもごく一部にしか過ぎないだろう。たとえば、320億円の賄賂を受け取ったとして更迭された元鉄道相の劉志軍氏は、
    今年4月の香港紙で、在任期間中、数十兆円の鉄道建設資金を着服したと報じられた。

    同様に他の役人も、実際の蓄財額が何百倍、何千倍に上ると見られる。

    その一方、中国では2億人とも4億人ともいわれる貧困層が存在する。
    その中でも、富裕層の姿を間近に見て、不満を募らせているのが「鼠族」と呼ばれる人々だ。
    地方から大都市に出稼ぎに来たものの、低賃金のために地上に住むことができず、ネズミのように暗いビルの地下などに住むことから名づけられた。

    大半は昼間、建設現場で働き、夜は煌びやかなネオンを尻目に4畳ほどの暗い地下室に帰る。
    どんなに頑張っても月収は1万6000円ほどにしかならない。

    北京には、そうした鼠族が100万人いるとみられている。裸の官僚に、ネズミが噛みつく日が、早晩やってくるだろう。
    http://www.news-postseven.com/archives/20131116_226305.html
    【【中国】 元大臣が数十兆円着服で月収1万6000円の 「鼠族」100万人】の続きを読む

    1:2013/11/15(金) 16:32:29.33 ID:









    中国のストリートファッションの進化

    中国で「洒落たファッション」の定義はここ数年、
    人気のブランドで目立つことから、個性的なスタイルで差別化することに移っている。

    http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304698204579196601914395572.html#slide/8
    【【画像】中国人のストリートファッションが完全に日本人と並んだ件】の続きを読む

    1:2013/11/15(金) 13:41:52.03 0 ID:




    中国安徽省合肥市の海岸で結婚を控えた複数のカップルがビデオ撮影を行った際、
    白いハトを大量に飛ばしたところ、近隣住民によってあっという間に捕獲された。
    彼らにとっては「おいしそうな食材」なのだとか。15日付で人民網が伝えた。

    13日、合肥の天鵝湖海岸で複数のカップルが結婚写真の撮影とビデオ撮影を行った際、
    白いハトを100羽近く飛ばした。撮影が終了し、一行がその場を離れた途端、
    近隣住民らがハトの群れめがけてダッシュ、
    逃げ回るハトを追いかけ回して懸命に捕まえた。

    ハトはあっという間に数羽を残すのみとなった。
    争奪戦に参加した市民の1人は「食材にするんだよ。おいしいよ」と嬉しそうに語った。
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/365978/
    【新婚カップルが飛ばしたハト100羽、湧き出た住民が“あっ”という間に捕獲】の続きを読む

    1:2013/11/13(水) 17:12:22.33 ID:
    鳩山由紀夫元首相(東アジア共同体研究所理事長)が2013年11月12日、
    中国・香港の香港城市大学から名誉博士号を授与された。
    中国共産党機関紙・人民日報では授与理由として、
    「アジアと世界の平和実現への貢献」を挙げている。
    中国メディア・環球時報ウェブ版では、
    紫と金のアカデミックドレスに身を包んだ鳩山元首相の姿がトップ写真記事の1つとして大きく掲載された。
    鳩山元首相は10月31日にも、中国の名門校・清華大学から客員教授に任命されている。
    (J-CASTニュース)

    ソース:livedoor
    http://n.m.livedoor.com/f/c/8248032
    【【腹筋崩壊注意】鳩山元首相、中国の大学から名誉博士号 「世界とアジアの平和に貢献」】の続きを読む

    1:2013/11/11(月) 10:53:47.60 ID:









    孔雀の剥製に象牙、金ピカのゴミ箱…… 中国の富裕層はこんな家に住んでいる
    http://money.jp.msn.com/news/zai/
    【【画像】 中国の一般的な富裕層の部屋】の続きを読む

    d0f9af92
    1
    :2013/11/08(金) 09:35:10.68 ID:
    みなさんは、雨の日はなんだか気持ちもどんよりしてしまわないだろうか? 
    だが、その雨も水なのだからまだいい。お隣・中国ではウンコの雨が降るというのだ。

    そのウンコの雨により、車や洗濯物や歩行者に被害が出ているという。現地でも「糞便雨」と呼ばれ、住民は困惑しているそうだ。

    ウンコの雨が降るというのは、上海市の東南端に位置する浦東新区南匯(なんかい)だ。この地区では
    晴れの日でも突然ウンコが降ってくるという。

    突然降ってきて、道路や自動車につく黄色の斑点。このとんでもない “災害” に住民は困惑している。
    住民の周さんによると、自動車だけでなく洗濯物や、歩行者もウンコの雨に濡れることがあり、本当に気持悪い思いをしているそうだ。

    ・飛行機のトイレから漏れたもの?
    実は、浦東新区南匯は上海の浦東国際空港からほど近い。ちょうど飛行機の航路の真下に位置する。
    そして朝は5~10分間隔で飛行機が通過するラッシュ時間だ。ウンコの雨が降るのも朝が多いことから、
    住民は飛行機のトイレからウンコが漏れ、ウンコの雨をもらたしているのではないかと考えているそうだ。

    ・専門家「トイレタンクが爆発したら青色の糞尿が降るはず」
    しかし、専門家はこの説を疑問視している。専門家によると中国の民間航空会社の飛行機のトイレタンクには
    青色の除臭消毒剤が積まれているそうだ。もし、飛行中にタンクが爆発したら、中の糞尿は消毒剤と混ざり合い、
    さらにマイナス50度の外気にさらされて青色の氷になるという。地上で溶けても青色の雨になるはずだというのだ。

    ・航空業界は否定
    現地の航空業界は、ウンコの雨は飛行機から漏れた説はありえないとしている。
    確かに、昔はそのまま外に出していたこともあったそうだが、現在の飛行機のトイレには
    真空バキューム方式がとられており、外に放出することはないという。万が一、システムが故障しても
    糞尿は機内の後方に集められるだけで、「雨」として外に漏れることはないとのことである。

    では、このウンコの雨は一体どこから来るのだろうか? 愛車や洗濯物がウンコまみれになっている
    なんて考えただけでゾっとする。一日も早い原因究明が求められる。
    http://rocketnews24.com/2013/11/07/385741/
    【【怪奇】中国でウンコの雨が定期的に降り住民大迷惑 飛行機犯人説も航空業界は否定】の続きを読む

    support_5
    1
    :2013/11/08(金) 12:35:25.98 ID:
    10月28日昼頃、北京の天安門に突入した自動車が炎上。当局発表によると、SUV型のベンツで、新疆ウイグル自治区のナンバーをつけていたという。
    乗っていたウイグル族の夫婦とその母親の3人が死亡。当局は犯行グループの一員として計5人を拘束した。
    そして、事件からわずか4時間後、炎上した車は跡形もなく片づけられ、広場は普段通りに公開された。

    だが、事件処理には不自然な点が多い。北京のホテルで働く日本人男性は、興味深い証言をする。
    「事件直後、公安(警察)が市内のホテルに、事件概要を記した“壁新聞”を貼って回った。そこにはウイグル族が犯人だと名指しされており、何か知っていることがあれば通報せよ、と書かれていた。
    まるで前から準備していたようで、その用意周到さには驚いた」

    そもそも、ウイグル族が北京のホテルに宿泊する際には、ホテル側が公安に報告をするため、わざわざ“手配書”を撒く必要がない。
    中国から亡命したウイグル人などで組織される「世界ウイグル会議」副総裁のイリハム・マハムティ氏がいう。

    「中国ではウイグル人は公安の監視対象になっており、3人集まるとすぐに尾行されるから、テロなど容易に起こせるはずがない。
    もしウイグル人の犯行だというのなら、中国政府はなぜ事件の痕跡をマスコミに公開しないですぐに片づけたのか。
    残されていたというウイグルの旗などが報道されれば『ウイグル人は悪い奴らだ』ということを世界中に知らしめることができるのに。
    すぐに片づけてしまうこと自体、同胞の犯行ではなかった証拠ではないか」

    イリハム氏が続ける。
    「そもそも、ウイグル人にとって、母親は家族の中で最も敬愛される存在だ。母や妻を事件に巻き込むなど、ウイグル人の常識からいってあり得ない。
    また、食べるものにも困窮するようなウイグル人が、どうしてベンツのような高級車を所有できるのか。
    しかも、自治区から北京までは3000キロ以上も離れていて、自動車で数日間かかる。
    道中、ウイグル人のベンツというだけで、検問や当局の取り調べが無数にある。とてもじゃないが、天安門でのテロは無理だ」

    それでも北京政府はテロだと言い張り、事件の背後に国際テロ組織「東トルキスタン・イスラム運動(ETMI)」の指示があったと発表した。
    当局は内外に「反テロ活動」の取り締まり強化を予告したわけだ。だが、イリハム氏はいう。

    「ETMIという組織そのものに実体がない。どこにあるのかウイグル人でさえ、誰も知らない。
    私も10数年来、この活動をしているが、聞いたこともない。今回の事故も、ETMIも、ウイグル人弾圧の口実として、でっちあげられたものだ」 ※週刊ポスト2013年11月22日号

    http://www.news-postseven.com/archives/20131108_225916.html
    【【話題】世界ウイグル会議副総裁「天安門突入事件もETMIも中国のでっち上げだ」[11/08]】の続きを読む

    このページのトップヘ