28910
1
:2014/01/07(火) 17:11:05.43 ID:
昨年より『キン肉マン』の人気超人キャラクターが、
ファミリーマートの中華まんとコラボレーションして次々に登場している。
1月14日からは第3弾として「キン肉まん(牛丼風)」が発売されることになった。
価格は180円(税込)である。これまでの「ウォーズまん(ブラックカレー味)」と「ラーメンまん(担担風)」が、
限定72万食であったのに対し、今回は限定100万食であるのも嬉しい。

ファミリーマートでは、2010年から毎年テレビ番組や映画などとのコラボレーションを実施している。
今回の『キン肉マン』は1980年代に「週刊少年ジャンプ」誌上にて一世を風靡したマンガで、現在も「週プレNEWS」のオンラインマンガとして連載されている。
2013年は6月に「キン肉マン超人総選挙2013」も実施され、「肉」にちなみ、29位にランクインした超人を読み切りで描く試みもなされた。
見事29位となったのは「ベンキマン」で、狙いすましたような結果となったことでも話題になっている。

『キン肉マン』とのコラボレーションは昨年11月より開始された。
第1弾として「ウォーズマン」をイメージした「ウォーズまん(ブラックカレー味)」、
12月には第2弾として「ラーメンマン」をイメージした「ラーメンまん(担担風)」を限定発売している。
第3弾の「キン肉マン」をイメージした「キン肉まん(牛丼風)」では、オーストラリア産牛バラ肉を使用している。
赤ワインに漬け込んで柔らかく下処理を行った後、醤油・砂糖・みりんで煮込み、牛丼風の具材に仕上げられた。肉の旨みと柔らかな食感が楽しめる。
もちろん額にはトレードマークの「肉」のマーク、そして生地の色や顔のかたちを組み合わせることで再現された。

商品開発は、子どもの頃に夢中で『キン肉マン』を読んでいたファミリーマート商品開発担当者の熱い想いから始まった。
中華まんのメイン購入層である30代から40代に圧倒的な人気があることも背景に、
原作マンガを描く、ゆでたまご監修のもとで形・色合い・表情に至るまで思いを込めた。
[真狩祐志]

ファミリーマート
http://www.family.co.jp/
ゆでたまご
http://www.yudetamago.jp/



http://animeanime.jp/article/2014/01/07/16984.html
5:2014/01/07(火) 17:20:19.92 ID:
>>1
を見るとデキはいいけど蒸しすぎて
スライムまんみたいになると予想ができる。
2:2014/01/07(火) 17:11:42.08 ID:
見た目はアレだけど味はうまそうだ
4:2014/01/07(火) 17:18:01.45 ID:
思ったより出来はいいんじゃないかな
6:2014/01/07(火) 17:20:20.52 ID:
中華まんなら数え方は100万個だろうが!
7:2014/01/07(火) 17:28:27.35 ID:
すごい
ステキ
かわいい
ミートくーん
8:2014/01/07(火) 17:32:21.89 ID:
ところが残念中国製なんだよここの中華まんは
9:2014/01/07(火) 17:46:58.73 ID:
どっちかというと矢沢くんに近い
10:2014/01/07(火) 17:50:09.71 ID:
改造されて違うキャラになりそう
11:2014/01/07(火) 18:00:56.10 ID:
うまいの早いのやっすい の~
12:2014/01/07(火) 18:11:01.74 ID:
店頭で売られる実物は面白いことになりそうだ
13:2014/01/07(火) 18:16:55.18 ID:
なにかの肉の照り焼きの入ったテリーマン
14:2014/01/07(火) 18:20:19.67 ID:
恩知らずの牛丼屋はなにかしないのか?
15:2014/01/07(火) 18:33:11.58 ID:
無事に主役が出せてよかったのう
それに比べて超像可動…
16:2014/01/07(火) 18:33:17.85 ID:
だからラーメンマンに体を真っ二つにされるブロッケンまんを発売しろって
17:2014/01/07(火) 18:39:57.93 ID:
キン肉まんグレートの中身は…
ハワイ料理って言われてもロコモコくらいしか
思い浮かばないな