2010
1
:2013/12/20(金) 18:33:54.74 0 ID:





中国山東省東営市で20日、手のひらに乗るほど小さい犬の赤ちゃんが3匹誕生した。
20日付で国際在線が伝えた。

子犬の体長はわずか3センチほど。
大人の手のひらにすっぽりと乗ってしまうほどの小ささだ。
生まれたばかりのため、ピンク色の皮膚にはまだ1本も毛が生えていない。
体は小さくても食欲は旺盛だ。ミルクを与えるとあっという間に飲み干してしまう。

だが、専門家はこの小さな子犬について、
「母犬が特殊な遺伝子を持っている可能性が高い。
発育不良で大きくならずに亡くなってしまうケースが多い」
と解説している。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/369449/
2:2013/12/20(金) 18:36:40.74 0 ID:
スタッフで美味しく頂きました。
3:2013/12/20(金) 18:37:43.85 0 ID:
ハムスターの子供みたい
4:2013/12/20(金) 18:38:32.90 0 ID:
これも、PM2.5の影響か?

怖いわぁ。

珍しいと報道してるけど、要は奇形だからな。
5:2013/12/20(金) 18:39:11.59 0 ID:
食べやすくなったな
6:2013/12/20(金) 18:42:28.16 0 ID:
汚染した水、食べ物で突然変異した生き物か?
7:2013/12/20(金) 18:44:18.96 0 ID:
この遺伝子使って中国人がみんな小さくなれば資源が節約できるぞ!
8:2013/12/20(金) 18:44:47.13 0 ID:
唐揚げ用